子供顔を卒業する|美しく蝶となれ|美容外科で劇的に変わる!
女の人

美しく蝶となれ|美容外科で劇的に変わる!

子供顔を卒業する

医師

大人の女性の顔になる

いわゆる童顔の人は、いくつになっても実年齢よりも若く見られるため、老け顔の人から羨ましがられることが多いです。老けて見られるよりは若く見られる方がずっとマシだと考える人が多いですが、童顔であることを悩んでいる人が意外なほどたくさんいます。童顔の人は、若々しく見えるというよりも、子供っぽくて幼い印象になってしまうケースが多いです。個人差はありますが、成人になっても中学生に間違われてしまうような人が実際に存在しています。40歳の人が30歳に見られるのなら嬉しいでしょうが、20歳を超えている人が13〜14歳に見られても素直に喜ぶことはできません。岡山には、子供っぽい童顔を大人顔に変身させる治療を行っていることで有名になっている美容外科クリニックがあります。評判を聞きつけた患者が県外からも来院しているほどですから、岡山在住の人が童顔で悩んでいるなら、一度その美容外科クリニックに行ってみるとよいです。年齢よりも幼く見えてしまう理由は様々ですが、左右の目と目の間隔が大きく開いているせいでファニーフェイスになっているケースや、体に比べて顔が大きく、幼児体型になってしまっているケースなどがあります。目と目の間隔が開いていると、どうしても子供っぽい印象になってしまいます。親しみやすく見える、優しそうに見えるといったメリットはありますが、大人っぽい顔になりたいと望んでいるなら、目頭切開手術を受けてみるとよいです。そうすれば、左右の目と目の間隔が狭くなり、知的で大人っぽい印象の顔になることができます。一方、顔が大きすぎるせいで幼く見られている場合は、小顔治療が有効です。これ以外にも様々な治療が用意されていますので、悩んでいる人は思い切って相談してみるのが一番です。

治療方法を知りたいなら

美容外科クリニックは、その名が示している通り、外科的療法によって美容上の悩みを解決することを主業務にしています。「外科的療法」イコール「体をメスで切る手術」と思い込んでいる人が多いですが、必ずしもそうではありません。先程述べた目頭切開手術を受ける場合は目頭の皮膚をメスで切られることになりますが、小顔治療にはメスを使わない方法も用意されています。これは岡山にある美容外科クリニックだけでなく、全国どこで営業している美容外科クリニックにも共通して言えることですが、最近はメスを使わない美容整形が主流になってきています。体を切らずに済ませることができれば、早く普段通りの生活に戻ることができます。働く女性が増えた現代社会では、切らない治療の方が全ての面で好都合です。切らない美容整形の導入に積極的なクリニックがほとんどですので、意味もなく怖がる必要は全くありません。そうはいっても不安を感じてしまうのが人情です。具体的にどのような治療を受けることになるのかが事前にわかっていないと、怖くてクリニックを受診してみる気になれないという人がたくさんいます。そのような人は、クリニックが開設しているホームページを覗いてみるとよいです。上述した岡山の美容外科クリニックは、自院のホームページ上に詳しい治療方法の説明文を掲載しています。専門用語を使わずにわかりやすい言葉で書かれていますから、誰が読んでも容易に理解することができます。治療内容を正確に知るためには医師に会って直接聞いてみるのが一番ですが、ホームページを見てみるだけでもかなりのことを知ることができます。また、メール相談にも対応していますので、そちらも利用してみるとよいです。